佐野・中原風流

ジャンル
伝統行事
エリア
山川南部

印刷する

#

徳川時代末期、若者たちが年に1度の秋の天満宮例祭に、五穀豊穣を祈って奉納したのが始まりと伝えられている「佐野風流」。人々が勇壮に踊りながら、子どもたちが交代で大太鼓を叩きます。 「中原風流」は、五穀豊穣を願い、子供たちが舞を踊りながら太鼓を打ち鳴らす神事。歴史が古く、昔ながらの風流の所作を守り続けており、素朴な動きが特徴です。 この日は一日中、氏子など数十人で奏でる鉦(かね)や太鼓の音が鳴り響き、五穀豊穣家内安全を願って家々を廻ります。

名称佐野・中原風流
ジャンル伝統行事
会場天満宮(佐野風流)、白山宮(中原風流
住所みやま市山川町甲田
開催日・営業日11月3日
お問い合わせみやま市役所教育委員会社会教育課
TEL0944-32-9183
交通アクセス九州自動車道「みやま柳川IC」または「南関IC」から車で10分

SHOP DATA & MAP

  • 印刷ページを表示

周辺のおすすめスポット