御牧山

ジャンル
自然
エリア
山川南部

印刷する

#

御牧山は、みやま市最高峰(標高405m)。天和3(1683)年、柳河藩3代藩主立花鑑虎が、母の郷里仙台から種馬を取り寄せ、軍馬、農馬を育成する牧場を開いたことから御牧山といわれています。市内を一望できる山頂からの展望は抜群で、阿蘇山や筑紫平野、佐賀平野、背振連峰、有明海、雲仙普賢岳と360度のパノラマが楽しめます。山頂にある「お牧山公園」では夏になるとキャンプが楽しめるほか、正月は初日の出スポットとして多くの人が訪れます。

名称御牧山
ジャンル自然
住所みやま市山川町甲田
お問い合わせみやま市観光協会
TEL0944-63-3955
交通アクセスお牧山公園/九州自動車道「みやま柳川IC」から車で15分、高速バス「山川PA」から徒歩1時間20分

SHOP DATA & MAP

  • 印刷ページを表示

周辺のおすすめスポット