アクセス数 4,694

寶満神社奉納能楽(新開能)

ジャンル
エリア

印刷する

#

享保元年(1716年)、当時柳川藩主立花氏が祈願成就の為、「能楽」を奉納したことが「新開能」の始まりといわれます。
 明治時代になって、寶満神社の氏子の自主運営により能楽師ではなく、地元の人たちが舞うという特色をもつものです。

と き: 平成28年10月17日(月) 午後3時始め
ところ: 寶満神社能舞台
    福岡県みやま市高田町北新開


<演目>
一、高砂ーたかさごー (能)
二、雁礫ーがんつぶてー (狂言)
三、田村ーたむらー (能)
四、禰宜山伏ーねぎやまぶしー (狂言)
五、葛城ーかずらきー (能)
六、不聞座頭ーきかずざとうー (狂言)
七、土蜘蛛ーつちぐもー (能)


【お問い合わせ先】
みやま市教育委員会 社会教育課 市史編さん係
TEL 0944-32-9183