権現さん「御田植え」

ジャンル
伝統行事
エリア
水上

印刷する

#

3月、春のやわらかな日差しの中、早乙女(女装の男児)が豊作を祈って田植踊りを奉納します。始まりは江戸時代。藩政を安定させるために財政の基盤となる米の増産が必要になり、農民の活力を引き出すべく、水分神、農耕神で、霊験あらたかな長田の権現さんに、田の神を祭ったことにあると言われています。 長田日子神社境内の一角に四方に青竹を立て、その間に注連縄を巡らせて、御神田に見たてます。村長と早乙女の役が男の子たちによって演じられ、ユーモラスな掛け合いが見どころです。

名称権現さん「御田植え」
ジャンル伝統行事
会場日子神社
住所みやま市瀬高町長田3566
開催日・営業日3月15日
お問い合わせみやま市役所教育委員会社会教育課
TEL0944-32-9183
交通アクセスJR鹿児島本線「瀬高駅」から車で10分

SHOP DATA & MAP

  • 印刷ページを表示

周辺のおすすめスポット